おすすめの泣いた体験談

おすすめの泣いた体験談を新着順にすべて表示しています。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   その時私は泣いた
妊娠8か月で…
女性/30歳/天使ママ
その時私は泣いた.com

つい先日の出来事なのですが、2人目の妊娠8か月、安定期も過ぎていたのですが、喉が痛くて次の日丁度健診日だったのでそのことを伝え薬をもらって帰りました。
その2、3日後にそういえば胎動が感じられないかも…と病院に電話してエコーで診てもらった所、赤ちゃんの心拍が動いていません。と…
最初は信じられず、病院帰り旦那に電話し、号泣しながら家に帰りました。
安定期も過ぎていたのでもう普通に産まれてくれるものだと信じていたので、ショックも大きく2日間泣いてあまり寝れず、食欲もなく過ごしました。
その後、不安だらけの中普通の出産と同じ様に陣痛を経験して産みました。
原因はへその緒だろうとの事でした。
妊娠、出産は当たり前ではなく本当に奇跡で素敵な事だと身に染みて感じています。
次は必ず元気な子を産みたいと心から願っています。


この泣いた体験談のURL
その時私は泣いた.com
卒園式の日に・・・
女性/53歳/えんぴつ
その時私は泣いた.com

私は幼稚園教諭をしていました。若かった頃、乱暴で集団からはみ出し、言うことを聞かない子どもがいました。参観日の日、無理に集団へ入れても暴れるだろうとそのこの行く先に目を向けながら保育しました。案の定、保護者に「ほったらかし」と攻められましたが、次の担任も同じようにかかわり・・・その年配の担任にがつんと言われた保護者は卒園式の時に「先生がどんなにわが子に目を向けてくれていたのかやっと分かりました。」と言ってもらい泣けました。お母さんも泣いていました。先生商売は結果がすぐに出ないもの、10年か20年か、それとも翌年なのか?でも自分を信じてこの仕事を続けていたことが誇りです。


この泣いた体験談のURL
その時私は泣いた.com
もう家族なんだ
女性/27歳/えりちゃん
その時私は泣いた.com

結婚して1年、私達夫婦は同じ職場で共働きしてました。私の部署が忙しく精神的に私が参ってしまった事がありました。しばらく休み、元気になったため、復帰。午前の勤務からはじめ、少しずつ勤務時間を増やして行きたいなと考えていた時、上司から心無い一言が。「はやく戻ってくれないとみんなが大変なんだよ」と。そんなの私も分かっています。迷惑掛けてでも戻ってきていいと言われたから行ったのに…。この一言がショックすぎました。家に帰ってから旦那に涙ながら訴えました。旦那は「そんなこと本当に言われたの?」とショックを隠せない様子。私は「言ったんだよ!迷惑かかるって言われたんだもん。もう行かない方がいいんだ。」と声を震わせながら訴えました。旦那は信頼している上司だから、ショックもあったと思いますが、私のことを信じてくれました。滅多に涙を流さないのに、私と一緒に泣いてくれました。そして、言ったのです。「今まで同僚として見守ろうと思ってたけど、もう無理だ。もう家族としてしか考えられないよ。」2人で泣いたあの夜は、家族としての絆を深められた瞬間だったのかなと思います。


この泣いた体験談のURL
その時私は泣いた.com
入籍後1年が経ってようやく計画できた新婚旅行
女性/26歳/Ania
その時私は泣いた.com

結婚式をしたその日に入籍をして、次は新婚旅行に行こうとしてた時、旦那の会社が人がいなさ過ぎて新婚旅行の休暇というか、普通の有給すら取れない状況。私は新婚旅行は絶対に海外が良かったので、もちろん行く所にもよりますがせめて4日か5日の連休は必要でした。(韓国や中国は考えてなかったです)そんな時、旦那が退職したいと言い出しました。私は正直、退職しても今はどこも人手不足なのですぐに就職できると思っていたし、なにより再就職する間に気兼ねなく新婚旅行に行けると期待していた。しかし、旦那の会社は先輩が辞めたばかりで旦那がいても毎日てんやわんやしている状況。さらに旦那が退職届を持ってきたので、待ったをかけられてしまいました。元々の予定では結婚してから3ヶ月くらいあれば旅行会社に予約も出来るし、その間に退職もしている予定でしたが、待ったをかけられたことで7ヶ月に延び、ようやく会社に新人さんが入ってくる予定が決まったことで旦那の退職が決まりました。退職できる月の次月に新婚旅行の予約も取れました。新婚旅行先は私が一生に1度は絶対に行きたかったイタリアに行けることになり、とてもとても楽しみにしていました。旅行2日前。スーツケースにばっちり荷物を詰め込んであとは出発を待つだけとなった日。ちょっとおでこ熱いなと思って測ると38.7度。いつも熱出た時は1晩寝たら治るので今回もそう思い早めに就寝しました。しかし旅行前日の次の日。朝起きたらまだ38度台!今までは熱出るといっても微熱程度だったので38度の状態が続くのはおかしいと思い、日曜でしたが救急病院で診てもらいました。しかし原因は分からず。ずっと行きたかったイタリアに行けて、退職している今しかチャンスは無い。しかしイタリアに行っても熱が下がらず、最悪イタリアの病院に運ばれる。しかも熱が出てから食欲が無く、ゼリーくらいしか食べられない状態だったので、これが続くようならイタリア料理までも全く楽しめない。でも今しか行けない。旦那や親と夜23時まで話し合い、念願だったイタリア旅行は諦めました。旦那が旅行会社の添乗員さんと旦那の家族に事情を説明しているのを聞いているといつの間にか若干の過呼吸になりながら子どもみたいに泣きじゃくっていました。案の定旅行当日も熱が出たので当日にようやく諦められました。結局それから1週間くらいずっと熱が出続けていたので行かなくて正解だったのですが、私にとってはとても大きな決断で、大人になって1番泣いた時だったと思います。


この泣いた体験談のURL
その時私は泣いた.com
悲しいのにこらえている友人を見て
女性/29歳/おはぎ
その時私は泣いた.com

長い間交際していた友人カップルが別れてしまいました。
友人(女友達)がふられてしまったのですが、
友人は強がっているのか私達の前で弱音を吐かず、だからといって
彼を悪く言うこともなく「ふられちゃったなぁ。楽しかったのになぁ。」とポツリ。
楽しかったことや喧嘩したことなど色々聞いていたので、私のほうがこみ上げてきてしまい泣いてしまいました。
すると友人も涙が。本当は泣きたかったんだよね。


この泣いた体験談のURL
その時私は泣いた.com
真実を知ってもなお
女性/32歳/ちーたろ
その時私は泣いた.com

4年半片思いをしていた、会社の上司。仕事中、少しでも何かあるとすぐに気付いてフォローしてくれる、頼りがいのある上司でした。複雑な家庭環境で育ったことや、強制的にお付き合いをされられている彼氏にDVを受けて体中があざだらけになっていることなど、ずっと隠していました。ある日、すべてが嫌になり、仕事も行けなくなり、自分で自分の人生の幕引きをしようと決断し、決行しようとした、まさにその瞬間、携帯が鳴りました。一気に現実に戻され、携帯を見ると、その上司でした。1時間後、家まで迎えに来てくれて、外に連れ出してくれました。仕事も辞めよう、上司に会うのもこれで最後になるだろう、そう思ったので、隠し通してきたことをすべて打ち明けました。上司はただ、黙って聞いてくれました。嫌われただろう、すべてが終わったんだ、そう思いました。しかし、上司は毎日家に来てくれるようになりました。その日から早2年。DVの彼氏とは別れることが出来、毒親である両親からも守ってくれ、会社であっていたイジメも解決してくれ、仕事を続けることができています。上司の母親、上司、私で3人暮らしをしています。次の私の誕生日に、結婚予定です。地獄の日々から救ってくれた上司。私のすべての過去を知ってもなお、そばにいて、支えてくれて、守り続けてくれています。4年半、片思いした時間は、無駄ではなかったです。今まで、つらい人生だった分、これからは幸せを感じられる日々を送っていきたいです。


この泣いた体験談のURL
その時私は泣いた.com
親の愛
女性/25歳/かなちん
その時私は泣いた.com

子供がうまれて5ヶ月がすぎたのですが、
今更ながら親の愛に泣いてます。
妊娠中、そして子供が生まれてからも
わたしのこと、あたしの子供のことを気にかけ
服やらお菓子やら家に来るたび買ってきてくれて
あたしが親にできることは何もないのに…と
毎度泣きそうです。
過去にひどいことをしてきた娘でも
子供だからとそれ以上の大きな愛で
受け止める我が親に感無量。
そんな親になりたい、


この泣いた体験談のURL
その時私は泣いた.com
告知
女性/40歳/忍
その時私は泣いた.com

妹が育児放棄の末に置いていった甥っ子3人を養子縁組して今年で8年。当時、下の二人は1才と0才。長男は8才だったので全てを覚えているけど下の二人は私が産みの親では無いことを知らずに育った。養子縁組の事実告知は早ければ早いほど良いと言われたけど…悩みに悩んだ末、今年の春、三男が当時の長男と同じ年になった事を切っ掛けに思いきって告知をした。怖かったのは私。自分で産んだ子じゃなくても必死で育ててきた。愛しくて可愛い子達。本当の親じゃないと知ったら…考えるのが怖かった。次男は黙って泣いた。三男は『超〜ビックリした〜』とおどけて見せた。それが痛々しかった。その日の夜、台所に立つ私の後ろから抱き付いてきた三男。『ママが本当のママじゃなくても俺はママが大好きだよ』と言った。この子達の親になって良かったと心底思って三男を抱き締めて『ありがとう』って泣いた。


この泣いた体験談のURL
その時私は泣いた.com

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   その時私は泣いた

このページのトップへ
泣いたエピソードを教えて下さい。
泣いた体験談検索

性別:男性 女性 すべて
年齢: 〜  歳

転職失敗体験記.com おもしろアルバイト体験記.com
子供のビックリ発言.com すごい客.com
座右の銘.com 幸せな瞬間.com
ブルーな気持ち.com プロポーズ.com
親父ギャグ.com 修羅場.com
初体験.com  
同じURLで携帯からも見れます!
携帯で読み込んでください。
http://www.sonotoki-naita.com